FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット物販勉強会@大阪Vol.4#5



ネット物販勉強会@大阪Vol.4#1はココから


ネット物販勉強会@大阪Vol.4#2はココから


ネット物販勉強会@大阪Vol.4#3はココから


ネット物販勉強会@大阪Vol.4#4はココから



前回の#4では、

いかにネットショップの商材をリサーチするかについてお話しました。


今回の#5では、

ネットショップで取り扱う商品が決まってから

必要になるリサーチのお話をしたいと思います。





先ず調べなくてはならないのが

日本国内で人気のある商品なのか?と言うことです。


世界的に人気のある商品でも

日本国内で人気がなければ売る意味がありません。



たとえ自分がいいと思っている商品でも

国内で人気がなければ売れるという確率はかなり低いです。


そのような商品に時間をかけてショップ作りをするのは

非常にリスクを伴いますし危険過ぎます。



これらの情報を裏付けるために活用するツールや独自のリサーチ術、

その際の気をつけるべきポイントなどをマニュアルには記載しています。



簡単に言いますと、

いかにしてオンライン・オフラインの情報を収集して

商品の人気情報の確率を上げていくかということになります。



更に言いますと、この時点で少しでも?が出れば

ネットショップの商品候補から外すことも多々あります。






次に内外価格差をリサーチします。

ここまでリサーチしていれば海外と国内の価格差があることは

ほぼわかっていますので、改めて人気商品やシリーズが何なのか?を

調べて細かく内外価格差をリサーチし直します。




ここで扱う商品のメーカーに人気商品、あるいはシリーズが

1~3商品以上あるとかなりの確率で売ることができます。




それから次のリサーチに移りますが、

このリサーチがかなり大事なリサーチになります。




その詳しいお話は次回にしたいと思います。


ここまでお読み頂きありがとうございました。




by 小金持ち自由人






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。